ウォーターサーバー活用術まとめ コスモウォーターの衛生面

ウォーターサーバー活用術まとめ コスモウォーターの衛生面

ウォーターサーバーを利用する際の懸念の一つとして衛生面の問題があるのですが、
コスモウォーターでは常に衛生状態を保ち新鮮な水を利用することができます。

 

 

 

天然水NO,1!

天然水の宅配サービス【コスモウォーター】 ウォーターサーバーお申込みプログラム

 

⇒コスモウォーターはコチラ

 

サーバーを利用する際にそれぞれのご家庭で水を使う頻度は大きく変わるもので、
一つのボトルを消費するまでの期間は各々で異なります。
ボトルは冷蔵庫で冷やされている訳ではなく、
日が経つにつれて雑菌が繁殖する懸念もあるのですが、
コスモウォーターではPET樹脂製ボトルとクリーンエアシステムの
二つの効果により常に高い安全性を保っています。

 

PET樹脂製ボトル

まずPET樹脂製ボトルとは、
ウォーターサーバーでよく見られるガロンボトルとは大きく異なり、
一定の強度はあるもののボトル自体に柔軟性があり、
サーバーを使用して水が減るのに併せてボトルが縮みます。
ガロンボトルの場合は硬質製でボトル自体は縮むことはなく、
水を使用するたびにボトル内部に外気を取り込むことから、
空気中に含まれる雑菌・カビ・ホコリなどがボトル内部に入ることになり、
衛生面で問題を抱えることが多くあります。
特に家族数が少なくボトルを消費するまでに時間が掛かる場合や、
夏場のように気温が高い時期などは
雑菌の繁殖が進みやすい点に大きな懸念があるのです。
一方でコスモウォーターでは外気を取り込まず
自らが縮むPET樹脂製ボトルを採用していますので、
ボトル内部での水の劣化を防ぎ新鮮な水を利用することが可能できるのです。

 

 

クリーンエアシステム

またコスモウォーターのサーバーには、
衛生面の問題を無くすために特許技術である
クリーンエアシステムが備えられています。
このクリーンエアシステムとは
サーバー内部に入り込む空気を浄化するためのシステムで、
ボトルは元よりサーバー内部についてもクリーンな状態を保つ事ができます。
サーバー内部にはボトルから取り込んだ水を一時的に貯めておく
冷水タンクを備えているのですが、
この冷水タンクはボトルのように伸縮できる構造ではなく、
内部の水の量により一定の空気が入り込むことになるのです。

 

冷水であれば水温が低いため雑菌の繁殖を防ぐことができるのですが、
そもそも雑菌が入り込む点で衛生状態には大きな問題があります。
そこでクリーンエアシステムでは、
取り込む外気をクリーン処理することで雑菌の流入を防ぐことが可能になり、
ボトルから蛇口に至るまで全ての経路で衛生状態を保つことができるのです。

 

またこうした機密性の高さから自宅に設置後は定期的に行うメンテナンスが不要になり、
従来は必要であったメンテナンスの費用が掛からず維持費が安い点も大きな特徴です。